家族葬で香典辞退との連絡があった場合

昨今、急増中の家族葬ですが、その家族葬において香典辞退を検討する方が増えています。故人の意志に基づき、香典辞退との連絡があった場合は持参しないことが基本ですが、故人をしのび、故人、遺族への気持ちを伝えたい方も少なくありません。その場合は、遺族に負担のかからないものを持参しましょう。例えば、故人が好きだった花、故人が好んだ香りのする線香などがおすすめです。花を持参する時は、あまりにも大きな花束、また、とげのあるバラは遺族の気持ちを逆なでしてしまう恐れがあるので花選びには注意が必要です。

また、家族葬の場合は祭壇のスペース事情もあるので、花を贈る前にその旨を連絡し、確認をとっておくことをおすすめします。その際、お気持ちだけ頂きます等の返事があった場合は、絶対に無理強いしてはいけません。故人、遺族の気持ちを優先し、何もしないことを選択しましょう。

もし、どうしても香典を渡すことで故人への感謝の気持ちを伝えたいという強い意志がある場合は、香典を渡す際、返礼品を辞退する旨を丁寧に伝えておきましょう。遺族に不必要な気遣いをさせないこと、いやな気持ちにさせないことが、参列する側の基本的なマナーでもあります。