家族葬に参列する際、香典を包む袱紗の色と種類

どんなに気心が知られた家族葬でも、香典をそのまま持参することは失礼にあたる場合があるため、注意が必要です。結婚式は慶事であるため、祝儀袋を包む袱紗もオレンジ、ピンク、金等の華やかな色の袱紗を使用します。反対に弔事では、紺や緑、うぐいすグレー等の寒色系の色の袱紗を使用します。ちなみに、慶事、弔事ともに使用できるのが紫です。そのため、袱紗を持っていない方は紫をそろえておきましょう。紫であれば、急な不幸があっても慌てることもありません。

続いて、袱紗の種類についてですが、袱紗は包む金額によって選ぶことが大切です。まず、金封袱紗ですが、包む金額が1万円から3万円の場合は金封を入れる場所がある袋状になった金封袱紗を、3万円以上の場合は爪付き袱紗、台付き袱紗を使用しましょう。

袱紗は香典だけでなく、家族葬でお世話になった僧侶に対し、お布施を渡す場合にも使用します。僧侶に渡す際、通常は切手盆と言われる小さなお盆に乗せて渡しますが、切手盆が見当たらない時は袱紗をお盆代わりに使用します。

袱紗はそう何度も使用するものではありませんが、慶事、弔事に備え、お気に入りの色、素材のものを見つけておくことをおすすめします。