家族葬に参列する際の香典の渡し方

香典は故人のご霊前に供えるものですが、一般的には現金を入れた不祝儀袋に氏名を書き、お通夜、もしくは家族葬等に参列する際に持参します。昔は、誰かが亡くなると故人の枕元に供える線香や花、お米等を持参していた時代がありました。現在は、故人または遺族からの申し出がない限り、現金を不祝儀袋に入れて持参するのが基本的なマナーとなっています。

家族葬に参列する際の不祝儀袋の表書きは、宗派により異なります。仏式は無地ののし袋に白黒の水引、または蓮の花が描かれたのし袋です。神式は双銀の水引、表書きには御玉串料、御榊料等と書かなければなりません。キリスト教式はユリの花、十字架が描かれたキリスト教専用ののし袋、もしくは白無地の封筒を選び、表書きは御花料になります。もし、故人の宗派、宗教がはっきりしない場合は、失礼にならないよう、白無地ののし袋に白黒の水引があるものを選び、表書きは御霊前と書いて持参しましょう。

香典を渡す際のマナーですが、受付までゆっくりと足を運んだら一礼し、このたびはご愁傷さまです等のお悔やみの言葉をかけ、もう一度一礼します。その後、受付の方から見て氏名が上から読めるよう、折りたたんだふくさの上に不祝儀袋を乗せ、不祝儀袋のみを手渡します。